住宅ローン通らない時は

ローン契約と債務不履行

ローン契約をする場合にかかる債務に関して、その債務が履行されない場合は債務不履行ということになりますよね。
例えば不動産購入の場合には、ローンの支払いが滞るといったことです。
これによって債権者側は、債務者にその責任を問いただすことができますよね。

債務不履行には、期限までに支払いができなかった履行遅滞と、履行が不可能になってしまう履行不能、中途半端な履行で終わってしまった不完全履行の3つがあるそうです。
こうした債務不履行があれば、債権者は履行強制あるいは損害賠償請求ができるんですね。
それにしてもローン契約と債務不履行って、最近よく耳にする言葉ですね。
ローン契約をするなら、ちゃんと債務を全うしないといけないのになあ・・。
それをしないから債務不履行となってしまうんですよね。
ローンを組む場合には、しっかりとした返済計画と、それに基づく収入、そして自己管理が大事なんでしょうね。
自分に甘い人は、どうしても金銭トラブルが起こってしまいがちなんじゃないかな。
常に自分を律して、債務を履行するという覚悟がないと、ローン契約なんてしてはいけないのかも・・。

債務不履行になれば、もう個人的な信用もがた落ちになっちゃいますからね。

Copyright 2011 住宅ローン審査通らない理由は?【審査に通りやすい銀行の探し方】, Inc.